当院の乳腺外科について

乳腺外科のイメージ写真

当院の乳腺外科では、乳腺に関する様々なお悩みに対応し、必要な治療を行います。乳腺に関する領域は、恥ずかしさなどから受診をためらってしまうケースも見受けられます。しかし、乳がんなどのように、早期発見・早期治療が極めて重要な病気もあります。乳腺に関して少しでも気になる症状があるような場合は、おひとりで悩んだりせず、お気軽に当院までご相談ください。

このようなときは当院をご受診ください

  • 乳房を触るとしこりのようなものを感じる
  • わきの下にしこりがある
  • 乳房が腫れてきた
  • 乳房が熱を持っている
  • 乳病に痛みがある
  • 乳頭が窪んできた
  • 乳房に潰瘍ができた
  • 腕を持ち上げると痛みがある
  • 乳頭から赤色や褐色の分泌液が出る
  • 乳首がただれてきた
  • 乳がん検診などで要再検査と言われた

当院の乳腺外科で扱う主な疾患

  • 乳腺炎
  • 線維腺腫
  • 乳腺症
  • 乳がん など

乳腺炎

乳腺炎は一般的には授乳中に見られることがほとんどです。お子さんがあまり飲んでくれない、薬を飲んでいるから授乳させられない、などの理由で乳腺内にミルクが多く残るとその部分に乳頭から侵入した菌が繁殖して起こります。しかし時に授乳中でない方にも起こることがあります(乳頭がもともと陥没気味の人は注意が必要です)。いずれの場合も切開排膿やドレーン留置などの必要がある場合が多く、一旦良くなったと思ってもぶり返すことがあり治癒に数ヶ月かかる場合もあります。日頃の搾乳やスキンケア〜(特に乳頭の)にお気をつけください。

線維腺腫

線維腺腫は、乳腺にしこりができる病気のひとつです。比較的に若い10~30代の女性にみられることが多いです。年を取るにつれて小さくなることもあるので、大きな変化が無ければ経過観察します。しかし、大きさの変化などがあるときは、手術によって摘出します。

乳腺症

乳腺症は、女性ホルモンの分泌の強い排卵期から月経中にかけて、乳房へのホルモン刺激により張り感や痛みを感じるもので基本的には正常です。一般的には乳腺症から乳がんを発症することはほぼないと言われています。しかし画像上、乳がんと完全に区別することが難しい事もあり、場合によっては経過観察や細胞診を要することがあります。

乳がん

乳がんは、乳管など乳腺組織に発生したがんです。乳がんは、通常は痛みなどの自覚症状がなく、ある程度の大きさになるまでは医師でも触診だけで見つけることは困難です。入浴時などにご自身で時々は乳房の触診をすることは大切ですが、早期発見のためにはやはり乳がん検診はぜひ受けていただきたいと思います。乳がん検診で異常が見つかった場合はもちろん、乳房にしこりがある、乳房にえくぼのようなひきつれができた、乳頭から血液のような分泌物がでてきた、乳頭や乳輪に湿疹やただれが生じた、などの症状がみられるときは、お早めに当院をご受診ください。